MIX life-style
ミックスライフスタイル

〒901-2201 沖縄県宜野湾市新城2-39-8

098-896-1993

[vc_row][vc_column][vc_gallery interval="3" images="13144,13145,13146,13147,13153,13148,13149,13150,13151" img_size="full" onclick=""][vc_empty_space height="20px"][vc_column_text] ディ・スペックが手掛けたリノベーションマンションの販売が始まりました。イメージ撮影のため、スタイリングでお手伝い。 そして、なんと!マンションをご購入の方に、MIX 商品券100万円分をプレゼント! 詳しくはD'specのサイトで >>> https://www.dspec.jp/topics/15202   以下、D'specの紹介冊子「リノベーションマンション 久米の部屋」より抜粋。 -------------------- そのマンションは35年の記憶をもっていました。 管理を統一された大量生産型のマンションとは異なっていて、アットホームな空気管も良さのひとつ。 手入れは行き届いていました。 空き部屋に息を吹き返させることがリノベーションなわけですが、単に今風にしてしまっては味気がありません。 質感や風合いを。ところどころに残しました。 家具を限定しないよう、空間をつくり過ぎないように、 仕上げています。 ・古い良いもの(ショーケース、引き出し、ドア、窓など)は、そのまま残し、質感や風合いを生かしています。 ・どんなインテリアにも合うように、床材は淡いグレーのPタイル。 ・部屋を完全に仕切るのではなく、自由に区切ることができるようにしています。 ・壁はでこぼこ感のある表情を残して施工しています。 ・玄関入ってすぐの壁はガラスにすることで、柔らかく明るい光を入れ、中央2枚を磨りガラスにしてプライベート空間に。 ・デザイン性だけでなく、暮らしをイメージして、電気配線や水回りは使いやすく。 ・シンプルな中にも遊び心を。たんすを隠す紫のスライド式扉は、ブラックボードにもなります。ブラックボードにもなります。 ・58号線から、モノレール 駅から、近い立地。 [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row row_content_width="grid" css=".vc_custom_1496568958178{background-color: #f4f4f4 !important;}"][vc_column][eltdf_elements_holder items_float_left="no"][eltdf_elements_holder_item item_width="1-2" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_column_text] MIX note -ミックス手帳-   MIX note(MIX手帳)では、メモ帳的なちょっとしたMIX情報をお届けしてまいります。   note[ nut ] [名] 1 覚え書き, メモ;((通例~s))(簡単な)記録, ノート, (旅行などの)印象記, 手記, (演説などの)下原稿, 草案 make [take] notes [a note] of

[vc_row][vc_column][vc_column_text] 2013年2月、那覇市に完成した分譲マンション「a.suo(アスオ)」のモデルルームのスタイリングを手がけました。その様子が、沖縄の暮らしを楽しむための情報を発信している県内人気サイト「CALEND OKINAWA」に掲載されています。ぜひ、ご一読ください!   CALEND OKINAWA [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row row_content_width="grid" css=".vc_custom_1496568958178{background-color: #f4f4f4 !important;}"][vc_column][eltdf_elements_holder items_float_left="no"][eltdf_elements_holder_item item_width="1-2" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_column_text] MIX note -ミックス手帳-   MIX note(MIX手帳)では、メモ帳的なちょっとしたMIX情報をお届けしてまいります。   note[ nut ] [名] 1 覚え書き, メモ;((通例~s))(簡単な)記録, ノート, (旅行などの)印象記, 手記, (演説などの)下原稿, 草案 make [take] notes [a note] of

[vc_row][vc_column width="1/3"][vc_single_image image="9097" img_size="full"][vc_empty_space height="2em"][vc_column_text]潤いをもたらすグリーン 日々の暮らしの中で植物の変化を見つめていると、この小さな生命力が力強いものに感じます。 小さな花を見つけたり、やわらかくて、やさしい緑色の新芽に感動したり、ハーブの香りにみずみずしくなることも。 そんな潤いをもたらせてくれる植物を、部屋の片隅に置いてみると、その場の空気がパッと明るくなり、空気までも澄んでいるかのように感じられます。 この感覚は植物以外ではなかなか得られないのではないでしょうか。   環境考慮し植物選定 まず、植物を家のどこに置きたいのかを考えます。植物によって日光がたくさん必要な植物と、耐陰性といって日光の少ない日陰でも耐えて生育する植物があります。家の中でも、湿気が多い、少ない、日光が当たる、当たらない場所とがあり、植物によって育ちやすい環境か、育ちにくい環境か変わるので、置く場所は大切なポイントになります。観葉植物は室内で育てられるように丈夫なものが多いですが、空調の風が直接当たる場所は避け、置きたい場所に適した植物を選びましょう。[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width="2/3"][vc_empty_space height="2em"][vc_column_text]自然の力を生かし、癒しの空間をつくる 植物には計り知れない癒しの力が備わっていると言われています。自然界だけが創り出すことができる形、色、香り、感触…。その自然の力は私達に癒しと元気を与えてくれるはずです。今回、IDEE(イデー)の家具と共に、潤いをもたらす植物たちをご紹介します。暮らしに彩りを与える家具と、植物が出会ったらこんな気持ちの良い空間になりました。 (タイムス住宅新聞掲載) [/vc_column_text][vc_empty_space height="2em"][vc_single_image image="9098" img_size="full"][eltdf_elements_holder items_float_left="no"][eltdf_elements_holder_item item_width="1-6" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="9105" img_size="full"][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="2-3" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_column_text]白い空間にグリーンが映える。フィカスアルテシマ(写真左奥)や、ガステリア、サンセベリア、サンセベリアギブウェッジ、アロエなどの多肉植物は日光がたくさん必要なので、日当りのよい窓際に配置(写真左側の鳥かごの中、二段のカゴの中、丸テーブル上)。グリーン提供:HADANA[/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][/eltdf_elements_holder][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="5em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width="1/2"][vc_single_image image="9112" img_size="full"][vc_empty_space height="2em"][eltdf_elements_holder items_float_left="no"][eltdf_elements_holder_item item_width="1-4" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="9116" img_size="full"][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="3-4" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_column_text]すっきりとしてはいるけれど、何となく殺風景な印象[/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][/eltdf_elements_holder][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][vc_column width="1/2"][vc_column_text]置きたい場所が決まったら、次にバランスを考えます。大きすぎて想像以上にスペースをとったり、小さすぎたりしないように、置きたい場所のサイズを測ります。 また、部屋のシンボルツリーとなる大きめの植物を置くのもおすすめ。フォーカルポイントといって、視線を集める場所があると、メリハリのある空間になります。 例えばリビングでは、配置している家具がソファ、テーブル、テレビボードだとすると、テレビボード上のテレビが部屋の中で一番高くなります。これより一回り背の高い植物をシンボルツリーとして選ぶと、まとまりやすいでしょう。 天井の高さや植物のボリュームにも注意が必要です。植物は天井より30〜40cm低い位置に、また、植物が邪魔にならないよう動線を確保して下さい。このように、家具の配置や動線、天井の高さと植物のバランスを考えていきます。部屋の角に配置すると、比較的バランスよく収まる場合が多いです。 エアープランツをつるしたり、植物をアート風に楽しむのも素敵です。心地よい空間づくりにグリーンアイテムを役立ててみてはいかがでしょうか。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width="1/2"][vc_single_image image="9268" img_size="full"][vc_single_image image="9116" img_size="full"][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][vc_column width="1/2"][vc_single_image image="9269" img_size="full"][eltdf_elements_holder items_float_left="no"][eltdf_elements_holder_item item_width="1-5" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="9105" img_size="full"][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="2-3" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_column_text]テーブルの上は、小ぶりの鉢を、部屋の角には背の高い植物を配置して、空間にメリハリをつける。[/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][/eltdf_elements_holder][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="5em"][vc_separator style="dotted" border_width="2"][vc_empty_space height="5em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][eltdf_elements_holder items_float_left="no"][eltdf_elements_holder_item item_width="1-5" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="9136" img_size="full"][vc_empty_space height="1em"][vc_column_text] モンステラ 耐陰性があり育てやすい。存在感のある大きな葉が特徴で、ゆったりした雰囲気に。 ※今回のコーディネートでは小振りのサイズを使用。(上段before写真の右手前に配置) [/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="1-5" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="9137" img_size="full"][vc_empty_space height="1em"][vc_column_text] サンセベリア 耐陰性があり育てやすい。シックな雰囲気に合い、空気の浄化作用もあるといわれている [/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="1-5" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="9138" img_size="full"][vc_empty_space height="1em"][vc_column_text] フィカスウンベラータ 比較的耐陰性があり、日陰でも育てることができる。ハート型の葉ややわらかい色が、明るくナチュラルな雰囲気にしてくれる。 [/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="1-5" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="9139" img_size="full"][vc_empty_space height="1em"][vc_column_text] 多肉植物 アロエやサボテンなど。 ※今回のコーディネートでは、数種類の小振りな多肉植物を、お部屋のディスプレイもかねて配置。(上段before写真の右手前に配置) [/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="1-5" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="9141" img_size="full"][vc_empty_space

[vc_row][vc_column][vc_column_text]私達が提案するセミオーダー型住宅「STANDARD 01」の3棟目のモデル「case study #3」のオープンハウスがうるま市にて 3月19、20日の二日間にわたって行われました。[/vc_column_text][vc_column_text]オープンハウス当日は晴天に恵まれ、STANDARDのトレードマークの花ブロックから風が室内を通り抜け、 とても心地良い空間の中でお客様をご案内することができました。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width="1/4"][vc_single_image image="8866" img_size="full" add_caption="yes"][vc_single_image image="8867" img_size="full" add_caption="yes"][/vc_column][vc_column width="1/4"][vc_single_image image="8868" img_size="full" add_caption="yes"][/vc_column][vc_column width="1/4"][vc_single_image image="8869" img_size="full" add_caption="yes"][/vc_column][vc_column width="1/4"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]「STANDARD」は、可変性、資産性、コストのバランスと、ライフスタイルを重視したシンプルなつくりを柱とした、セミオーダー型の住宅モデルです。ブロック、花ブロックなど、沖縄では一般的で昔からよく使用されて来た材料を使ってつくられています。シンプルですが、ちゃんとデザインされています。 ご来場頂いたお客様からは、 「実際見て、ほんとに住みたいと思った!」 「とてもシンプルで、かっこいい!建てたくなりました!!」 「風が通って、すごく居心地がいいですね。」 などなど、うれしいお声を聞く事ができました。 また、住まい作りについてのご意見やご感想、お悩みなどを直接お話を伺う事ができました。 私達はそれらを反映させていきながら、「STANDARD」をどんどん成長させて発展させて参りたいと思います。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width="1/4"][vc_column_text]本見学会は予約制とさせて頂いておりましたが、多くのお客様にご来場頂き、誠にありがとうございました。 そして、本見学会開催をご快諾いただきましたご施主様のU様に感謝申し上げます。[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width="1/4"][vc_single_image image="8870" img_size="full"][/vc_column][vc_column width="1/4"][vc_single_image image="8871" img_size="full"][/vc_column][vc_column width="1/4"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row row_content_width="grid" css=".vc_custom_1496568958178{background-color: #f4f4f4 !important;}"][vc_column][eltdf_elements_holder items_float_left="no"][eltdf_elements_holder_item item_width="1-2" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_column_text] MIX note -ミックス手帳-   MIX note(MIX手帳)では、メモ帳的なちょっとしたMIX情報をお届けしてまいります。   note[ nut ] [名] 1 覚え書き, メモ;((通例~s))(簡単な)記録, ノート, (旅行などの)印象記, 手記, (演説などの)下原稿, 草案 make [take] notes [a note] of

[vc_row][vc_column][vc_column_text]5年以上のお付き合いになるVさんDさんご夫妻の今回のご注文、アルネ・ヤコブセンの名作「AJランプ」をお届けにあがりました。 お部屋にはMIX life-styleで選んでいただいた イームズのラウンジチェアーとオットマン、ワイヤーベーステーブル、knollのワシリーチェアー、バルセロナテーブル、リネンのカーテン、ダイニングテーブル、チェアー等々、ゆっくりとひとつづづ時間をかけて揃えていただいたインテリアたちが、各国で出会ったというビンテージの家具やアートと共に配置されています。 インテリア選びのポイントを伺ってみました。 1.オリジナルデザイン 2.機能と美しさ(シンプルで美しいこと、陶芸と似ていると表現されていました) 3.素材感を感じること(石、木、布など) 名作家具がこれだけ集まっているのに威圧感なく暮らしに溶け込んでいるのはさすが!です。お気に入りの場所を聞いてみるとDさんはイームズのラウンジチェアー、Vさんは全て!と無邪気な笑顔、ちなみにネコのBiddegordはグレーのソファだそうです。 お伺いするのが、いつも楽しみなV&D邸です。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][eltdf_elements_holder items_float_left="no"][eltdf_elements_holder_item item_width="1-4" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="8519" img_size="full"][vc_column_text]以前にご購入頂いたFormaxのテーブルとCOCOチェア。素敵なダイニングシーンです。[/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="1-4" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="8506" img_size=""][vc_column_text]Dさんお気に入りのイームズラウンジチェアー。リビングにはお気に入りの家具やファブリックが並んでいます。[/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="1-4" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="8507" img_size="full"][vc_column_text]イームズのワイヤーベーステーブルの上には焼物が置かれていて、いい雰囲気。[/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="1-4" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="8513" img_size="full"][vc_column_text]壁面に飾られた絵画の横には、コルビュジェのスリングチェアが佇んでいます。[/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][/eltdf_elements_holder][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][eltdf_elements_holder items_float_left="no"][eltdf_elements_holder_item item_width="1-3" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="8515" img_size="full"][vc_column_text]以前にご購入頂いたFormaxのテーブルとCOCOチェア。素敵なダイニングシーンです。[/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="1-3" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="8516" img_size="full"][vc_column_text]雑誌に出てきそうな書斎にも、自然と名作が佇んでいます。[/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="1-3" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="8517" img_size="full"][vc_column_text]もうひとりの住人Biddegord 。見知らぬ人が来て落ち着かない様子。お邪魔しました。[/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][/eltdf_elements_holder][/vc_column][/vc_row]

[vc_row][vc_column width="2/3"][vc_column_text]天久のS邸へ、ポール・ヘニングセンのデザインによるペンダントライトph5、FORMAXのソファにつづきダイニングテーブル、チェアーが仕上がりお届けにあがりました。 リフォームされたとういうお宅はシンプルで心地良くSさんご夫婦の人柄を感じる穏やかな雰囲気でした。 じっくり選ばれたモノたちは無垢材のダイニングテーブルだったり、機能性と美しさを兼ね備えたえた名作の照明だったり、永く愛情をそそいで大切に使っていけるモノたちばかり。 例えば宮崎椅子のmenu chairはスタンダードな構造で、座り心地が良く、指先で持ち上げられるくらい軽量であることを宮崎椅子とデザイナーの阿久津宏と挑戦したという椅子。強度と耐久性にこだわたった『永く大切に使える一脚』です。 木の種類と張り地を選んでいただいて、受注生産で注文から仕上がるのが2ヶ月以上、 随分とお待ちいただきましたが、お届けした日のSさんの笑顔を思い出すと、うれしくなります。 上質なくつろぎの空間で今日もゆったりと過ごされていることと思います。 ありがとうございました。また遊びに来て下さいね。[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width="1/3"][vc_single_image image="8561" img_size="full"][/vc_column][/vc_row]

[vc_row][vc_column][vc_column_text]新商品が入荷しました!ミックスにまた新しいアイテムが仲間入りです。 今回入荷した商品は、 「R+R counter chair」 宮崎椅子製作所 designed by 小泉誠 いつもながら新しいアイテムが届いた時は、どきどきわくわくです。カタログで見る商品と実物とでは、やはり若干印象が異なります。それは、印刷物との色身の違いもあるのですが、なんといっても奥行きとボリューム、質感が加わったプロダクトの存在感との差からくるものなんだと思います。ダンボールをあける瞬間、99%の期待と1%の不安が入り交じります。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width="1/4"][vc_column_text]いざ、オープン![/vc_column_text][/vc_column][vc_column width="3/4"][vc_single_image image="8834" img_size="full"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width="1/4"][vc_column_text]あたたかな木の雰囲気がダンボールの中から漂ってきました。 窮屈な段ボールの中から「よいしょっ!」 とこーきたら、[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width="3/4"][vc_single_image image="8835" img_size="full"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width="1/4"][vc_column_text]こーですね(笑) やはり、椅子は人が座ることで本領発揮!かわいいツーショットです。 「R+R counter chairさん、はじめまして。これからよろしく。」 ミックスの店内のどこかに佇んでますので、ぜひ見て、触って、座ってあげてください。[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width="3/4"][vc_single_image image="8836" img_size="full"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row row_content_width="grid" css=".vc_custom_1496568958178{background-color: #f4f4f4 !important;}"][vc_column][eltdf_elements_holder items_float_left="no"][eltdf_elements_holder_item item_width="1-2" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_column_text] MIX note -ミックス手帳-   MIX note(MIX手帳)では、メモ帳的なちょっとしたMIX情報をお届けしてまいります。   note[ nut ] [名] 1 覚え書き, メモ;((通例~s))(簡単な)記録, ノート, (旅行などの)印象記, 手記, (演説などの)下原稿, 草案 make [take] notes [a note] of

[vc_row][vc_column width="1/4"][vc_column_text]11月27日から12月12日まで開催された「asrin × FIQ southend shop フリルバッグ展」。 この展示会に合わせて、11月27日には今回で2回目となるFIQ workshopを開催いたしました。[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width="3/4"][vc_single_image image="8845" img_size="full"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width="1/4"][vc_column_text]今回のテーマは「北欧ファブリックで作るショルダーバッグ」。 セレクトされた北欧生地の中からお好きなファブリックをチョイスしてショルダーバッグバックを制作いたしました。 「フリルバッグ展」で作品を出品されるasrinのアズマカズコさんを講師にお迎えして、和気あいあいとした楽しいワークショップとなりました。[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width="3/4"][vc_single_image image="8848" img_size="full"][vc_empty_space height="1em"][vc_single_image image="8849" img_size="full"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]ワークショップは二部に分かれて行われました。 ワークショップが始まった時は少し緊張した雰囲気でしたが、ミシンをカタカタ動かしていくにつれて、みなさんの緊張もとれてきたようです。日だまりの中、お話しながら和やかに作業が進み、3時間が経過。いよいよバッグの完成です。世界にひとつのオリジナルバッグができあがりました。 こちらが完成したショルダーバッグです。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width="1/6"][vc_single_image image="8851" img_size="full"][/vc_column][vc_column width="1/6"][vc_single_image image="8850" img_size="full"][/vc_column][vc_column width="1/6"][vc_single_image image="8852" img_size="full"][/vc_column][vc_column width="1/6"][vc_single_image image="8853" img_size="full"][/vc_column][vc_column width="1/6"][/vc_column][vc_column width="1/6"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]作ったバッグを持ってパチリ! みなさん、その日のファッションにぴったり!すごく素敵でした。 バッグの表情がそれぞれ違っていて、まさに世界にひとつのバッグに仕上がっていました。 ご参加された皆様、ありがとうございました。 ショルダーバックを片手に、笑顔で帰られる姿をお見送りする事ができ、とてもうれしく思います。 バッグ、ぜひご活用下さいね。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row row_content_width="grid" css=".vc_custom_1496568958178{background-color: #f4f4f4 !important;}"][vc_column][eltdf_elements_holder items_float_left="no"][eltdf_elements_holder_item item_width="1-2" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_column_text] MIX note -ミックス手帳-   MIX note(MIX手帳)では、メモ帳的なちょっとしたMIX情報をお届けしてまいります。   note[ nut ] [名] 1 覚え書き, メモ;((通例~s))(簡単な)記録, ノート, (旅行などの)印象記, 手記, (演説などの)下原稿, 草案 make [take] notes [a note] of

[vc_row][vc_column][vc_column_text] 今帰仁村のゆったりとした敷地に建てられたO邸へ ブラインドやカーテンの取り付けと家具の配達へうかがいました。 庭ではのびやかに子供たちが駆け回り、穏やかな風が抜け、木のぬくもりを感じるO邸では私たちもすっかり和んで作業をさせていただきました。 ウッドブラインドを取り付けるとリゾートホテルの様なぐっと落ち着いた雰囲気に。和室には和紙のプリーツスクリーンで色をそえました。 [/vc_column_text][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width="1/2"][vc_empty_space height="1em"][vc_single_image image="8569" img_size="full"][/vc_column][vc_column width="1/2"][vc_column_text] 家具は日本の変わらないデザイン、「世界に通用するスタンダード」カリモク60を中心にダイニング、テレビボードなどを、ソファはKarfのしっとりとした座り心地のソファHASSELに相性の良いカリモクの1シーターを。 そういえば、私の実家にもカリモクのダイニングセットがありました!40年経った今でも家族の歴史を刻み続けています。O邸ではこれからどんな歴史を刻んでいくのでしょうか、楽しみです。 家族全員に笑顔で見送っていただき、いただいた採れたての野菜を膝の上になんだかほっこりしながらの家路となりました。 ありがとうございました。 [/vc_column_text][vc_empty_space height="3em"][eltdf_elements_holder items_float_left="no"][eltdf_elements_holder_item item_width="1-2" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="8572" img_size=""][vc_column_text] カリモク60のダイニングセット。空間にすっかりとけ込んでました。カリモク家具が持つあたたかみが空間にぴったりです。 [/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="1-2" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="8573" img_size="full"][vc_column_text] Oさんの畑でとれた新鮮で瑞々しいお野菜たち。スタッフみんなでお裾分けしておいしくいただきました。ありがとうございました。 [/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][/eltdf_elements_holder][/vc_column][/vc_row]

[vc_row][vc_column][vc_column_text] うるま市のI邸へ、カリモク60シリーズソファやテーブルをはじめとした家具と、hugリビングテーブル、インテリア雑貨などを配達いたしました。 お届け先は、竣工したばかりのコンクリート打放しのモダンな住宅。今回のお客様であるIさんは、住宅づくりの際、カリモク60のKチェアやロビーチェアなどの気に入った家具を置くことを決めて計画を始めたのだとか。置くと決めた家具の寸法を住宅プランの中に落とし込み、フローリングや建具の仕上げの色合いは、ソファなどに使用されているウォールナット材に合わせてもらったのだそうです。脱帽です!! [/vc_column_text][vc_empty_space height="3em"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width="1/2"][vc_empty_space height="1em"][vc_single_image image="8581" img_size="full"][/vc_column][vc_column width="1/2"][vc_column_text] こだわりの空間に並べられた1960年代から製造されているカリモク60などのお気に入りの家具や雑貨たち。Iさんご夫妻の「いい空間に仕上がった!」と大満足の様子にこちらもなんだか心が温まりました。 今回Iさんからご注文頂いたロビーチェアやKチェアを製造しているカリモク家具が誕生したのは1960年代。使うほどに、新しく感じる定番を。今日より明日、もっと好きになるモノたちを。カリモク60は普遍性をもった家具作りを今日も続けています。だからこそ、木造の和風建築やコンクリート打放しのモダンな建物にもしっくりとなじんで前からそこにあったかのような佇まいになるんだと改めて思いました。 これから新生活をスタートさせるIさんご家族。この家で始まるたくさんの出来事を、この家とロングライフデザインの家具たちがそばでそっと見守ってくれると思います。 Pregabalin gabapentin 기전 [/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height="3em"][eltdf_elements_holder items_float_left="no"][eltdf_elements_holder_item item_width="1-4" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="8583" img_size=""][vc_column_text] 「凸ランプ」。インテリアのアクセントに所々に黒が加わって空間が締まります。 [/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="1-4" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="8584" img_size="full"][vc_column_text] リビングに配置している「45リビングテーブル」は和室にも相性ぴったりです。 [/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="1-4" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="8585" img_size=""][vc_column_text] 今回、和室・LDKのロールスクリーンのご提案と施行もさせて頂きました。 [/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][eltdf_elements_holder_item item_width="1-4" horizontal_aligment="left" vertical_alignment="middle" target="_self"][vc_single_image image="8586" img_size="full"][vc_column_text] ロールスクリーン取付の様子 [/vc_column_text][/eltdf_elements_holder_item][/eltdf_elements_holder][/vc_column][/vc_row]